Amazon オススメ商品

hidew 2009.04.19

#1756 カルデロン一家の不法残留と排斥デモ

カルデロン一家の不法残留問題についての論点は、一言で言えば「原則か、温情か」という点である。既成事実を認めて、原則を曲げてしまえば、ルールが成り立たなくなるし、かといってルールを厳格に適用していたら、人として血も涙もない結論になってしまう。

法務省が下した判断(娘のみ特別在留許可)は「原則を守りつつ、温情も示した」と思う。どうやっても何らかの不満が残る中で、これぐらいがちょうどよい落としどころだ。

不法残留の罪

【抜粋】

  • 一家の両親は、出入国管理及び難民認定法違反(不法残留の罪)になりますので、犯罪と言えば犯罪 ..
  • 近くに言葉が通じない異邦人が住んでいるという不安感はあるかも知れませんが、これは外国人固有の問題ではありません。
  • 不法滞在としては悪質であればあるほど、つまり滞在が長期にわたるほど、市民としては善良であることが証明されていく
  • 両親は帰国のため出国予定だった、子どもさんは在留特別許可を得ていますので、デモ時点では適法に在留 ..
  • 仮に、世界政府が樹立された場合には、不法滞在の罪は存在意義を失う。殺人や窃盗は世界政府の下でも存在し続ける ..

筆者のモトケン氏が書いている内容は、穏当かつ真っ当なもので、異論はないが、コメント欄が盛り上がっていて面白い。

誤読・誤解・妄想集

No.48 デモの件はともかくとして、不法滞在者擁護の論調は賛同できません。出入国管理の重要性を理解されているのか疑問に思います。

No.58 外国人を無制限に受け入れたら .. 大挙して日本に移住するでしょう。もしそうなったらどうなるか?

No.171 モトケンさんのように微罪だから「チャラ(帳消し)」にしろという意見に拒否反応がでている

両親は送り返される。モトケン氏はそれについて反対していない。帳消しにしろとも言っていない。

どういうわけか、All or Nothing でしかものを考えられない人がいて、「弱い者イジメのデモはよくない」という指摘をしただけで「不法滞在の是認・擁護」というところまで、話が飛躍する。

#Winny問題で、高木浩光氏とその周辺も同じ過ちを犯していた。「情報漏洩は利用者がまず気をつけるべき」ということを書いたら(#1493 ) 、勝手に脳内変換して「Winnyは悪くねぇのか!コラァ」「情報漏洩をゼロにできるんかい!」とすごい剣幕で噛みついてきた。

No.58 世界政府樹立をイメージできる貴方なら容易に予測できると思いますが

No.59 世界政府の樹立とかきれい事のように思います。

世界政府の話は「国家」というある種のフィクションを分かりやすく説明しただけなのに、それが通じてない。

もっとえげつない思考実験を試みる。仮に、日本が「中華人民共和国・日本省」になったら、中国人の不法滞在がなかったことになる(合法化される)。この問題は、台湾人やパレスチナ人ならもっとよく分かる。

共感した意見

No.89 本件に絡むマスコミの情動失禁ぶりは目に余ります。昨日の報道ステーションもひどいものでした。「両論併記」も「多面的な視点」もかなぐり捨てて、ひたすら情緒に流された思考停止ぶりに、あらためてあのキャスターの危険性を実感しました。

マスコミこそ、もっと非難されるべきだろう。
「お涙ちょうだい」の情緒的な対応で、ルールの原則を吹っ飛ばしてもいいのか?

No.121 不法残留の罪においてしかるべき処分がなされている。にも関わらず、デモ行為は蛇足的、かつ醜悪なかたちで悪意を垂れ流している。そのような行いに嫌悪感を感じるかどうかが今回の件における立ち位置を決める分岐点でしょうか。

「蛇足」という言葉がピッタリだ。両親はすでに退去が決まっていた。子に罪はない。
デモは何が目的だったのか。

No.166 テロリストの教本には「近所の人に疑われないよう、近所付き合いはちゃんとしよう」というような内容が書かれていた .. 本当の「犯罪計画者」はそれをカモフラージュするためにそれなりのことをする、
友人の不法滞在外国人を「タレこむ(売る?)」件。70数年前のドイツとかスターリン時代のソビエト、そして20年ほど前の東欧でよく似た話があった

方向性は違うけど、この話は興味深い。「犯罪者としての合理性」という観点から、善良に振る舞うことは意味がある。「善良な市民だから」で思考停止するのも問題だ。

No.188 モトケン さんから ろくろくび さんへの返信
刑法の知識のない人にわかりやすいようにある程度単純化して説明していることがおわかりになりませんか?
あなたが指摘するような論理的厳密さでもって説明を始めたら本が一冊書けてしまうのですよ。

いるいる。空気を読まず、やたら「厳密な議論」を要求する人。
「説明が足りない」「厳密には正しいとは言い切れない」が口癖だったりして、訳が分からなくなっていく。

高橋昭男『大切なことは60字で書ける』

関連

YouTube - カルデロン一家追い出せデモ_蕨市わらびし
http://www.youtube.com/watch?v=2oafXv0Qnfs

いまさらだけど、在特会デモがサイアクだったので、カルデロン一家問題について少しだけ言っておく。
http://d.hatena.ne.jp/macska/20090411/p1

*

hidew 2009.04.22 [1]

白か黒か

2009-04-21 - 備忘録ことのはインフォーマル

私がある「考え方」を嫌いだというと、それが「人格批判」をしているということにされてしまっている。
「絶対的正義・錦の御旗を振りかざすこと」に拒絶感があると表明したら、正しいことを正しいと言ってはいけないとプロパガンダして我々の思想を封じ込めようとしているのだ!と言う人がいる。

私が言ってもいないこと、考えてもいないことを忖度し憶測し決めつけて、のみならずその誤った推測に基づいて批判する人々が多々ある。

「物事は白か黒かだ」「そして自分は白だ」「自分は白なのだからそうでない奴は黒であり、黒は容赦なく叩いてよい、なぜなら黒は黒だからだ」みたいな人たちだから、しょうがないのか。

「排斥デモは良くない」という意見に、「不法残留を認めるのか」と言ってしまう人も、全く同じパターンだ。どんどん飛躍して「不法残留を無制限に認めれば、ひどい国になるぞ」という人まで表れる。