Index (comments/trackbacks)

hidew 2008.09.15

#1722 第32回・鳥人間コンテスト 2008 - 東北大学Windnauts 帰還!

東北大学Windnauts が 大会史上最長であり、現ルールでの限界記録でもある 36km(18kmで折り返し)を飛んでプラットホームに帰還した。


名画。高性能機特有の美しいフォルムと背景のグラデーション.



鳥と共に飛ぶ。



飛行経路に無駄がない。



プラットホームに向かう機影。



ゴール目前。



完璧な着水。



パイロット西脇渉



番組MCの加藤夏希


鳥人間コンテスト(公式)
http://www.ytv.co.jp/birdman/result32.html

チーム名 所在地 出場回数 記録(m)
東北大学 Windnauts 宮城県 11 36000
芝浦工大 Team Birdman Trial 埼玉県 12 3044
京都大学 Shooting Stars 京都府 16 2015
東京工業大学 Meister 東京都 14 1555

日大理工学部航空研究会(今大会不参加)、東工大Meister、東北大学Windnauts の三強は2003年の時点でおそらく 36kmフライト可能なレベルに達しているが、その後、風が原因と思われるトラブル(日大の迷走、東工大の湖岸激突、東北大の空中分解)が相次いだ。機体の設計、パイロットの体力をどんなに高めても、風が悪ければ全て水泡に帰す、というのがこの鳥人間コンテストの厳しいところである。

今大会は1日目の滑空機で300m超の好記録が続いたが、2日目の午後にはニュース※になるほどの強風が吹き荒れた。飛行順(東北大が最初、東工大が最後)を考えると、風運は圧倒的に 東北大>東工大だったようだ。

Windnauts の機体名は「来(らい)」という。「プラットホームに帰ってること」を目標としている。それなのに、琵琶湖大橋を狙って直進するか、折り返すかで迷っていた。現場の人間にしか分からない「実戦心理」なのだろうが、あの時点で直進の選択はないと思う。

空前の大記録によってかすんでしまったが、芝浦工大が二人乗りで 3044m(自己記録を2000m更新)を飛んだのも見逃せない好記録である。

※鳥人間のプラットホームが風で壊れて NHK のニュースになった。

今後の鳥人間コンテスト

36km という限界記録が出て、「新記録」の余地がなくなった。ボウリングの最高スコアが 300 であるように、36km が上限であっても、競技としては成り立つ。しかし、テレビ番組の演出上は「前人未到」という煽り文句を使えなくなってマイナスだ。だからと言って「再折り返し可」という新ルールを加えることも難しい。

プロペラ機のディスタンス部門は近年、あまりに飛びすぎるがゆえに、運営上の限界と問題点を浮き彫りにしてきた。優勝パイロットのコメントに「未来への扉を開いた」という文言があったが、今回の驚異的なフライトは、皮肉なことに(『鳥人間コンテスト』という番組の)扉を閉めることになったような気がしてならない。もう、琵琶湖は狭すぎるし、開催2日間(放映2時間)は短すぎる。

今後、少なくともディスタンス部門の縮小か、強豪チームの排斥はありえるだろう。(今回、日大が書類審査に通らなかった理由 #1693

Links

B000GJ0MR6 鳥人間コンテスト 30th ANNIVERSARY DVD-BOX

  • ¥ 6,720
  • 2006/10/06
  • 時間: 270 分

4487795397 鳥人間の本―ODE TO ALL THE BIRDMEN

  • 読売テレビ放送 (編集)
  • 東京書籍
  • 2000/09

関連記事

*

hidew 2008.09.16 [1]

人力飛行の世界記録・日本記録

記録 距離km 機体名 年度 開発チーム
世界記録 116 ダイダロス'88 1988 マサチューセッツ工科大学(MIT)
日本記録 50 MOWE21 2005 日本大学理工学部航空研究会

参考

hidew 2008.09.17 [2]

YouTube - 東北大学 Windnauts 36kmゴール

YouTube - 東北大学 Windnauts 36kmゴール【鳥人間コンテスト2008】
http://jp.youtube.com/watch?v=uZKsx4h-u8U

人力プロペラ機ディスタンス部門1番機。
折り返し36kmのフライトを終え、プラットホーム近くに着水する様子を湖岸から撮影 。

hidew 2009.05.02 [3]

東北大学Windnauts 2008 の動画ダイジェスト

1722.flv

  • time : 6:25
  • file : 3.5MB
  • video : 320x240 32kb/s 1fps
  • audio : 44.10kHz 32kb/s CBR Mono
  • © ytv
hidew 2008.09.30 [4]

鳥人間コンテスト・人力プロペラ機歴代記録

距離m 年度 チーム 備考
36000 32 2008 東北大学 Windnauts 折り返し完走
34654 27 2003 日本大学理工学部航空研究会 琵琶湖大橋到達。
32177 27 2003 東京工業大学 Meister 2位
28628 30 2006 東北大学 Windnauts 当時の折り返し記録
24823 27 2003 東北大学 Windnauts 3位
23688 22 1998 チームエアロセプシー 初の琵琶湖対岸
22813 29 2005 日本大学理工学部航空研究会  
hidew 2008.10.20 [5]

別の意味での「鳥人間コンテスト」

@nifty:デイリーポータルZ:別の意味での「鳥人間コンテスト」

「鳥人間コンテスト」というテレビ番組がある。1977年から毎年行われている、人力飛行機の大会だ。

自分たちで設計した飛行機で大空を飛ぶ。かっこいい。それを例えて「鳥人間」と言っているのだと思う。それはそれでいい。夢があると思う。

ただ、「鳥人間」にはもっとネイティブな意味があっていいはずだ。別の意味での鳥人間──それは、「鳥っぽい人」という意味だ。いるよね、そういう人。

png 1192 byte

Amazon オススメ商品