Amazon オススメ商品

hidew 2008.05.24

#1659 救急医療の優先順位と資源配分 - トリアージ

規模の大きな事故や災害において、救急医療のリソース(人手、薬品、機材)は絶対的に不足する。自ずと「限られた資源をどのように配分するか」という問題が発生する。

より多くの人を救命するために、治療の優先順位を決めることをトリアージ(Triage)と言うが、これは「助かる見込みの少ない重傷者は後回し」を意味するので、倫理的に難しい問題をはらんでいる。

ケーキ - 福耳コラム

  • 「可哀想じゃないですか、致命傷の人を見捨てるなんて」
  • 「重傷者をもう助けないなんて .. 人権侵害じゃないですか?」

人情として、このような意見が出るのは仕方ないと思う。しかし、これらは極めて局所的なことを情緒的に語っただけの空論である。

(現実的には救命不可能な)重傷者をケアしているうちに、他の人が出血多量で致命傷になるのは、可哀想じゃないのか?

はてなブックマーク - ケーキを売ればいいのに - 福耳コラム

2008年05月22日 taitoku 手持ちの資源が有限であったことが無い者の言葉は軽い。/彼女たちは一ヶ月の食費の配分で悩んだことが無いのだろう

この例えは分かりやすい。

「救急医療現場での資源配分」はテーマが重すぎて、思考停止に陥る人が少なくないが、一ヶ月の食費の配分なら、考えられる。

ケーキ - 福耳コラム

この人たちの目に映るのは「目の前の最善」だけで、「全体や組織から見た最適」というのはコンセプト自体が頭の中にないのだ。

局所的、短期的、短絡的、近視眼的、場当たり的、..

これらは囲碁において「筋悪」と言われる思考パターンである。政治などでもだいたい同じことが言える。筋の悪い人は時間的、距離的に「目の前」しか見えないのだ。一方、筋の良い人の思考は

長期的、大局的、広域的、

である。たかがゲームで優先順位や資源配分を間違えても、笑い話で済むが、政治や救急医療ではたいへんなことになる。

お花畑の人道主義、理想主義は「全員助ける」と言う。「全員助けることは不可能」という現実が分かっていない。絵空事を言って場当たり的に対処していたら、全員が死ぬ恐れさえある。「地獄への道を舗装する善意」(#1652 ) とはこういうものなのだろう。

関連

あのー、それ、普通にかわいそうなんですがーー「トリアージ」という自己欺瞞 - (元)登校拒否系

しかし「全体」自体が敵対性によって構成されているのです。「全体や組織から見た最適」の名の下に個が切り捨てられるとしたら、それは常に敵対するある特定の位置からなされます。

ただ「切り捨てられる、かわいそうな被災者」が存在するわけではなくて、「自らの命を削ってまで患者の治療を優先する医者」もいる。「医者の命」と「患者の命」が天秤に乗ってしまうような状況において、両者が敵対しているとは言わないだろう。

敵対性によって構成されない「範囲」で、純粋に医学的な判断(それが困難なことは百も承知)をするのが、トリアージの大前提である。「全体」を国家規模として考えればややこしくなるが、「病院に担ぎ込まれた急患10名」という範囲ならば、敵対性云々の話にはならない。

参考

トリアージ - Wikipedia

トリアージ(Triage)は、人材・資源の制約の著しい災害医療において、最善の救命効果を得るために、多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別し、治療の優先度を決定すること。語源はフランス語の「triage(選別)」から来ている。適した和訳は知られていないが、「症度判定」というような意味。なお、一般病院の救急外来での優先度決定も、広義のトリアージである。

関連記事

*