Index (comments/trackbacks)

hidew 2007.02.04

#1517 柳沢失言を修正した上で批判する

【柳沢失言の文脈】

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/912514.html

特に、2030年にたとえば30歳になる人を考えると今、7,8歳になってなきゃいけない。生まれちゃってるんですよ、もう、あとは『生む機械』と言っちゃなになんだけど、装置の数が決まっちゃったってことになると、機械つていっちゃ申し訳ないんだけど、機械って言ってごめんなさいね、あとは生む役目のひとが、一人頭でがんばってもらうしかない。
2030年はもう勝負は決まっているとよく役人に言われる」

「機械」というキーワードをあえて使って、柳沢発言を要約すると下記のようになる。

子供を産むことのできる女性の数は 機械と違って、すぐに増やすことはできないのだから、一人頭でがんばってもらうしかない。

防腐剤 柳沢発言は好意的に解釈しても何かがおかしい。厚生労働大臣という立場で「(少子化問題は)女性が頑張ってください」というのは責任転嫁も甚だしいだろう。

厚労省はまず産科医不足という致命的(クリティカル) な問題を改善しなければならない。政治的に手を尽くして、少子化に歯止めがかからなければ、年金の「ネズミ講方式」を改めるべきではないのか。

「他力本願の政治」が柳沢発言の本質だ。粗雑な表現よりもっと深刻な問題を孕んでいる。

#「かけ声」だけで何かを解決しようとするのは愛国教育法(#1468 ) と同じ構図である。

*

Bobby 2007.02.04 [1]

中身を批判されるのはいいですね!
「機械発言」は確かに聞き捨てなりません。私だって、検事側に立てばいくらでも断罪できる。でも、そこだけ捉えて全員口をそろえて罵り続けるのはちょっと野暮な感じがしまする。

hidew 2007.02.05 [2]

「石を取りかけにいく」ような大攻勢

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e ..

という意見もありました。

相手の失着をとがめるのに、真綿で締め上げるような嫌らしい攻め方もできるはずですが、野党の戦略はいつも「石を取りかけにいく」ような大攻勢になってしまいます。

私が野党の議員なら、柳沢大臣にはあえて続けてもらいます

ぷにっと囲碁!なブログ 2007.02.09 [3]

「産む機械発言」だけが問題じゃないんだよ、柳沢さん…。

ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜
■なんか、この言葉ばかりが先行してますが
 柳沢厚生労働大臣の問題、今は「女性=産む機械・装置」という言葉ばかりが先行してるように見えますが、この発言の問題はそれだけで済む事じゃないんですよね…。

ぷにっと囲碁!なブログ  2007.02.15 [4]

少子化問題…もう「産め産め節」は止めませんか?

■「産め産め節」を唱える「産め産め族」
 どうもです。都筑てんがです。
 体調不良で、ここしばらくダウンしてました。

都筑てんが 2007.02.15 [5]

どうもこんばんは。都筑てんがです。
 要するに、「生んでくれない」とか「一人頭で頑張ってもらうしかない」といった、他力本願で「少子化=女性が産めば済む」みたいな、相変わらずの「産め産め節」である事が問題なんですよね…。
 確かに、お腹を痛めて「産む」のは女性しか出来ませんが、「育てる」責任があるのは女性だけではなく、「仕込んだ」男性にも責任がある訳で…。
 「育てる」を考慮に入れずに「少子化=女性が産まないのが悪い=だから産め」というような「産め産め節」を改める必要がありますね…。

hidew 2007.02.15 [6]

先にやるべきこと

厚生労働行政の長として、先にやるべきことがあるはずです。
産科医不足、長時間残業、年金不安、…
柳沢大臣はまるで他人事のように考えていますね。
少子化の政治的要因を取り除いてから、「産めよ増やせよ」を言うなら分かります。

ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜 2007.03.07 [7]

少子化問題…もう「産め産め節」は止めませんか?

■「産め産め節」を唱える「産め産め族」
 どうもです。都筑てんがです。
 体調不良で、ここしばらくダウンしてました。
 で、今回は、柳沢発言関連…ていうか、少子化問題の続きなんですが…。

出産を「生産性」と発言した菅氏
(略)菅氏は、愛知県知事選が告示された1月18日に名古屋市東区で演説を行い、「愛知も東京も経済がいい。生産性が高いといわれるが、ある生産性は、一、二を争うぐらい低い。子どもを産む生産性が最も低い」(1月19日付「朝日」名古屋地方版)と述べたという。(略)
livedoor ニュース - 「生殖能力失った女は無駄で罪」
(略)「石原知事は01年に女性週刊誌のインタビューで、学者の発言を引用する形で『文明がもたらした最も悪しきものはババァ』と発言し、100人を超える女性から訴えられました。この裁判には知事が勝ったが、昨年には新たに第2次『ババァ発言』裁判を起こされている。柳沢発言の直後の先月30日にも、5回目の口頭弁論が行われたばかりでした。石原知事はこの週刊誌で『女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪』とも言っているが、この問題を追及した議会では『年とった女の人は、ほかの動物の生存の仕方に比べれば、かなり横暴な存在である』と暴言を吐いていた。柳沢大臣もヒドいが、石原知事とは比較になりません」(略)
 …はぁ…なんていうか…もうね…。
 …。
 ……。
 ………。
 貴様等の辞書に「育てる」って単語は無いのか、この「産め産め族」め。
 …ってなわけで、今回も、少子化対策のお話をしたいと思います。

**** 2010.04.28

投資一族のブログ
あなたの知らない精子競争 ~生殖能力の比較
http://www.ichizoku.net/2010/04/survive.html
真相は藪の中 睾丸は語る 鳥のおよそ9割は一夫一婦制の婚姻形態を持つと言われている。
=begin expander
しかし、はっきりと2つのタイプにわかれてしまうので ある。体重のわりに睾丸が大きく、繁殖期のつがいが密集して巣を作る、そしてメスが頻繁に交尾し、オスがメスをあま りしつこくガードしないというタイプ。体重のわりに睾丸が小さく、繁殖期のつがいがバラバラにしか巣を作らない、メスが あまり頻繁に交尾をしない、しかしオスはメスをしっかりガードするタイプ。  なぜ睾丸の発達具合に違いがあるのだろう。動物の大原則として言えるのは、オスたるもの卵をめぐるオスどうしの 精子の争い、つまり精子競争が厳しい状況にあればあるほど睾丸が発達するよう進化が起きるということである。 ミヤマガラスとコクマルガラスのメスの交尾の中には相当な数のEPC(ウワキ)が含まれている。しかしメスが頻繁にEPC するということは彼女の夫もまたEPCするために出かけて行っているということである。そしてオスがメスをあまりガード しないのはそもそもメスをガードしていては自分がEPC(ウワキ)に出かける暇がなくなってしまうからだろう。 興味深いのは、大型類人猿3種と人間の睾丸について比較することである。 体重(kg) 睾丸(g) 睾丸/体重 精子数/1回 チンパンジー 44.3 118.8 0.27% 6億300万個 人間 65.7 40.5 0.06% 2億5300万個 オランウータン 74.6 35.3 0.05% 6700万個 ゴリラ 169.0 29.6 0.02% 5100万個 睾丸の大きさになぜこのような開きがあるのだろう。むろんそれは精子競争の観点から説明することができるのである。  チンパンジーは複数のオスと複数のメス、そして子供たちからなる数十~百頭くらいの集団で暮らしている。オスとメス には特定の関係というものが無く、メスは発情すると「来る者は拒まず」方式でオスを受け入れる。メスの交尾回数は 1日50回という大記録さえ存在するのである。彼女たちの体の中では激烈な精子競争が起きている。オスは当然、精 子製造能力を高める必要に迫られる。睾丸はドンドン発達するする方向へと進化を遂げてきた。...
=end expander

Amazon オススメ商品