Amazon オススメ商品

hidew 2006.07.28

#1361 詰碁集の編集

詰碁集の編集について、私の個人的な好み。

  1. 黒番統一。
  2. 答えは問題図の裏面に。
  3. 正解図、変化図、失敗図の順。
  4. 【正解】【失敗】など分かり易いキャプション
  5. 問題番号は通し番号で。
  6. 章(セクション)は分けなくてもいい。
  7. 結果(コウなど)を問題に書く必要なし。
  8. 「○分で○級」という難易度表示は不要。
  9. ハードカバーは不要。
  10. 図は小さくてもいい。
  11. ヒントは不要。
  12. できれば左上に統一。


好きな編集は『石榑詰碁傑作選』『寿石不老』『自強不息』
嫌いな編集は『加田克司傑作/衆妙』

章分けしていても問題が通し番号になっていればいいのだが、中途半端な章分けをした挙げ句、問題番号が途中でリセットされていると最悪である。そのような場合、問題番号はほとんど役に立たず、ページ数で問題を管理することになる。

『女流詰碁集』#616 のように章分け自体に失敗している例もある。あの本は一体何のために章を分けたのかさっぱり分からない。

『寿石不老』『自強不息』は章分けせず、連番で200問が並んでいるが、問題毎に漢字4文字の名前が付いていて面白い。

観賞用詰碁の場合、ヒントは「ネタバレ」である。鍛錬用詰碁の場合、ヒントは「甘やかし」である。詰碁は「必ず答えがある」ということが究極のヒントになっているのだから、解き始めた時点で既に8割以上解けていると言っても過言ではない。更にヒントを付け加えるのは余計なお世話、蛇足である。

親切とは、そのほとんどが蛇足だ - 出雲屋

加田詰碁集の最大の問題点は、重要な「正解図」が変化図などに埋もれて、見つけにくいことである。

詰碁集というのは、プロ向けには「問題図のみ」、アマ有段者向けには「問題図+正解図のみ」で成立するものだと思う。「変化図」とか「失敗図」というのは級位者向けのオマケなので、正解図より先に示すのは優先順位を間違えている。理系的プレゼンでは考えられない順番である。文系的には物語がグダグダに膨らんでいくのも一興だが…

関連

http://blog.goo.ne.jp/kkm3/e ..
http://stone.dialog.jp/archives/tsumego/


新しく出版された『張栩の詰碁』は、私の嫌いな編集になっていそうだ。張栩名人の創作詰碁は間違いなく一級品なんだけど、詰碁集を本として所有する価値があるかどうかは別問題だから、新刊では買わないかもしれない。

関連

http://blog.goo.ne.jp/kkm3/e ..
http://plaza.rakuten.co.jp/das53jp/diary/200607270000/

*

碁盤を囲んで 2010.03.15 [1]

詰碁遺産保護を!

あの、『前田詰碁上級中級初級』を復刊させた、復刊ドットコムからメールが来ました。『加田克司傑作詰碁』(全8巻)の復刊リクエスト投票が50票に到達!先日も、ヤフオクで8万円以上の値で売れていましたが、50題くらいの詰碁の本が1冊1万円もするという状況は囲碁ファ...