Amazon オススメ商品

hidew 2006.06.17

#1311 ブログ ≠ 日記

ブログというものを分かり易く喩えると、

  • 日記
  • 日誌
  • 手帳

一番多く使われるのが「日記」で、マスコミなどの注釈では「ブログ=日記風の簡易ホームページ」と書かれたりする。しかし、これが一番間違っているような気がする。

週刊碁 2006.06.12号に「美絵みえブログ」というコーナーがあるのだけど、内容を読んでみるとこの用法は間違い。

「ブログ=Web log」であるから、

  • web上の話題に言及する。
  • web上で言及する。

という要素がないとおかしい。「ブログ」という言葉を使いたければ、最低でも HPのURL とか メールアドレスなどを署名に入れて、「擬似的なブログ」という雰囲気を出すべきではないだろうか。

単なる「日記」という意味で「ブログ」という言葉を使うのは、「電話」のことを「インターネッツ」と言うくらいトンチンカンなことである。

週刊碁は、無理に流行を取り入れなくてもいいと思う。

類語

日記/ダイアリー/日誌

「日記」は個人的なものに広く使われるが、「日誌」はふつう、組織、団体などの公的な記録。

随筆/エッセー/随想

  1. 「エッセー」は「随筆」より知性的、思索的文書を指すこともある。
  2. 「随想」には単に思いをめぐらす意もあるので「随想家」の語はない。「随筆家」は「エッセイスト」とも言う。

*

対局日誌 2006.06.18 [1]

ブログ名の悲劇

Voice of Stoneにこんな記述が!
『「日記」は個人的なものに広く使われるが、「日誌」はふつう、組織、団体などの公的な記録 』
当ブログ名に対するアテツケですか(笑)!?
うーん、どうしよう。
じゃあ「対局日記」にブログ名を変えるかな。
「土佐日記」「更級日記」みたいで優雅ではあるが、何だかシマらないなぁ。
割とこの名前にも思い入れがあるし…。
ちなみにgoogleで「対局日誌」を検索すると、他を差し置いて当ブログが先頭に来ます。
老師(河口俊彦氏)に畏れ多い…(大汗)。
思いあまって、こういうことにしました。
「当ブログは、ヒトリ棋院またはヒトリ将棋連盟を名乗る細胞組織の対局を、記録したモノです」
会員募集中!
W杯疲れだな…、きっと…。