Amazon オススメ商品

hidew 2006.02.01

#1112 当たり前品質

当たり前品質

当たり前品質(must-be quality)【抜粋】

あって当たり前と受け止められている特性。それが満たされている時よりも、それが欠けている時に気が付く。私たちはその特性が満たされていないことを不満に感じるが、満たされているからといっても、そのことを当たり前だと感じるか、あるいは全く何も感じない。つまり“不満足がない”という状態の品質である。全て揃っていることを当然と思い、少しでも欠けている欠陥と考えられてしまう品質である。一般的に、信頼性や耐久性が該当している。また、この品質は後向き品質(backward quality)とも言う。

日本棋院『幽玄の間』は、この「当たり前品質」を疎かにして、別の魅力的な品質項目に力を入れている。日本棋院クオリティは元々高くないけど、シロートウケしそうな分野には力を入れるから余計に「本末転倒」になってしまう。

ちょっと前、家の要件について「出雲屋流」にコメントしたことを思い出した。

http://blog.livedoor.jp/izumoyago/archives ..

家に求められるのは、耐震、耐火、防水、断熱、調光だと思う。「遊びの空間」を強調する業者に限って欠陥住宅を作ってそうな気がするんだけど・・・

そういえば、

http://d.hatena.ne.jp/smeg/20051009

好みの問題だけど、レイアウトもゴチャゴチャし過ぎのが多い。サイドバーに入れるのは、記事を見るのに必要なコンポーネントだけにしてほしいなあ。

これも同じ事。ブログの要件は、情報収集、文章を書く、絵を描く、写真を撮る、というようなことで、サイドバーのアクセサリは「遊びの空間」にすぎない。まともな文章を書けないのにサイドバーにだけ力を入れる人は 小嶋/姉歯 と発想が似ている。ブログにも鉄筋(文章力、情報収集力)は必要でしょ。